Now Loading...

家庭との連携・協力

家庭とのつながり

家庭とのつながり

ともに考え、ともに歩む。

子どもたちのより良い成長という共通目的に向かって、協力し、課題を解決できる、星美と家庭の強いつながりを目指しています。

そのために、星美の教育に対する考えや、家庭や学校での様子などを共有しながら、子どもたちに何が必要なのかを考え、具体的な活動につなげていきます。

また、授業だけでは補えないものは家庭の協力をいただきながら、学習をより充実したものにしていきます。

主な取り組み/活動

ベルマーク整理

ご家庭で集めたベルマークを毎月集計し、年に1回、ベルマーク教育助成財団に送っています。星美は、この取り組みを長年続けており、財団より評価いただいております。集められたベルマークは、保護者の方の協力で集計され、さまざまな備品へと替わります。

保護者の方々の協力で、子どもたちのより良い教育環境が保たれていることに感謝するとともに、今後のご協力をお願いいたします。
また、収益の一部は学校支援にも利用されています。

授業参観

子どもの成長を確認する場として授業参観を実施しています。実際の現場を見ていただき、今後の子どもたちの教育について、保護者の方と情報を交換しながらより良い教育環境、教育方法を目指します。

個人面談

年に2回、担任から、お子様の成長の様子や今後の課題についてお伝えし、共通理解を図ります。
また、ご家庭での様子を伺いながら情報交換の場とし、子ども一人ひとりの課題に合わせた教育を実践します。

教育講話(歩む会/星の会/父の会)

保護者対象とした子育て支援の取り組みとして、子どもの教育について講演を実施しています。

1年生保護者対象の「歩む会」、2年生から6年生保護者対象の「星の会」、希望者の方を対象に聖書講話を実施する「父の会」があり、いのちの問題や家庭の教育について、神父様やシスター、学校長が講話をします。

家庭との連携・協力
Copyright © Seibi Gakuen Elementary School.
All rights Reserved.